こびりつく

こびりつく「一時期はどうなるかと思ったけど、最近は元気そうで良かった」
と、女友達に言われて私半分照れたように「ありがとう」と答えました。
友達には随分と私が失恋した事で心配をかけてしまいました。
半年ほど前、私は大きな失恋をしました。
彼とは、将来的なことも話をしていましたので「最後の彼氏」なんだと思って居たのです。
そうありたいとも願っていました。
しかし、順調に進んでいた恋愛が一気に暗転し、終わりを告げてしまったのです。
ただただ泣いてばかりの日々で、友達は毎日のように連絡をくれていました。
私自身、立ち直れる日がくるなんて想像もしていませんでしたが
ある男性と偶然に知り合ったことで一気に色が変りました。
不思議と彼の声は、耳にこびりつくような感覚がありました。
ふと時間が出来ると彼の声や顔を思い出すのです。
知り合って間もないから純粋に気になるのかな〜?なんて思って居たのですが
徐々にそればかりではないと感じるようになりました。
そして気がついた頃には好きだという気持ちをハッキリ感じるようになって居ました。
失恋から抜け出し、新しい恋愛が訪れた瞬間でした。
振られることを覚悟の上で告白をしたのはそれから直ぐのこと。
彼は私の気持ちを受け止めてくれて、交際に進展したのです。

タイミング

「俺たちって全てのタイミングが良かった気がするんだ」
と彼は言いました。
その言葉を聞いて、私は大きく頷きます。
彼と私が知り合った時、それぞれが恋人と別れて半年が過ぎたかな〜・・・
というあたりでした。
初対面ではありましたが、状況が状況でしたので
妙に話しやすく感じたのを今でも覚えています。
ネガティブな材料ではありましたが、私たちはすんなりと関係性を作る過程に入っていけました。
それから、ポツポツと電話などをし合うようになりました。
まだ、デートをするような気力はありませんでしたが(苦笑)
彼との電話が大きな心の支えになっていたのは確かです。
傷が癒え始めたのかなと言う感覚を持つようになってから
彼と私は会うようになりました。
時間的にも合うことが多かったので、各々のペースを崩すことなく
一緒に遊びにいけたのです。
自然と恋愛感情を抱きあうようになった2人は、どちらからともなく
交際するという話をするようになりました。
そして知り合って3ヶ月。私たちの交際はスタートしたのです。
何か1つでもずれていたら、私たちの交際って無かったのではないかなと思うだけに
今のこの関係を大切にしていきたいという気持ちもひとしおでした。
もちろん、今でもその気持ちは変りありません。

とても愛しい

「2人は全く違うタイプに見えたんだけどなあ〜」
と、付き合い始めたと報告をした時友達に言われました。
友達の見解は全く間違っていません(笑)
彼と私は全くタイプが違い、だからこそ一時期は恋人関係になって良いものか?
交際を始めたとして、続いていけるものなのか?
と考えるようにもなっていました。
しかし、好きと言う気持ちって理屈ではないんですよね。
お付き合いが始まってからと言うものの、違いなどと言うものは「取るに足らないこと」なんだと
思うようになりました。
彼のどこが好きなのか?
何をキッカケに恋愛感情を抱いたのか?
それは私にもわかりません。
ただ思うのは、彼と向き合っていると・寄り添っていると「とても愛しい」と言う感情が流れるのです。
理屈も理由も、そして彼に求めるものも何も無いというこの心は私にとって
「1番強い気持ち」だと思わせてくれました。
彼もまた
「何となく心地よい」と言ってくれていて、私はその「何となく」という言葉に幸せを感じていました。
まるで、2人が恋愛をすることが必然的であったような気もしますし
何より、理屈ぬきで好きだと言えるこの状況に幸福感を抱いていました。
これからも私たちは似てきても、やはりタイプは違うでしょう。
それでも「愛しい」という感情さえあれば、彼とは上手く行くと信じています。

Copyright© 2010 安全な出会いが見つかるであいけいサイト無料ナビ All Rights Reserved.